まぐかっぷ通信 Hot!Hot!Hot!


まぐ通信 価格表

最新情報はまぐかっぷ通信で


振込手数料を無料にするために!

郵貯の振込手数料が2018年10月から「3回→1回まで無料」と変更されました インターネット取引の「ゆうちょダイレクト」には影響ないようです いよいよネット手続きが必須になってきました(手続きは無料ですのでお早目に)

ネットでの「ゆうちょダイレクト」をお申込み頂き、各種設定を済ませた後、トークンでの番号認証などを併用しての振込になると思います 最近のネット取引は「単純な単一パスワード」から「2重認証取引」に移行しています 安全性への意識は高く感じます パソコンやスマートフォンで インターネットでの接続は必須です

銀行系ですと「みずほ銀行」が外貨預金($10でも可)を作れば他行宛てまで無料 、「三菱UFJ」も条件次第ですので、手続きある方は調べて下さい 「住信SBI」や「大和ダイレクト」など、他行宛て無料が簡単に作れるネット銀行もお勧めです 私は、コンビニが使える住信と、振込が便利な大和を よく使っています


ホームページからの振込指定は「郵貯(用紙無し)」が 選択されています 今回の改定を受け優先順位が代わるでしょう 銀行系振込が伸びています 「郵貯(用紙同封)」を選択の方は、毎回振込手数料をご負担頂いている方です ご負担申し訳なく思います


虎穴に入らずんば虎児を得ず の巻 20018/08/24加筆


新・送料規定が導入されました!


今月より均一送料を310円から200円に値下げします(但し送料無料は廃止させて下さい)
送料値上げのニュースが世間を騒がせています 当店でも例にもれず業者の規定が変わります これを機会に当店は少量ごとの発送に切り替え 「クリックポスト(ポスト投函)」発送を中心にさせて頂き、少量発送の方により廉価な発送に切り替えます

新たに導入された「送料規定」
 1)日本国内均一料金 2Packごと200円で発送致します
 2)1Packや奇数でも発送致しますが、2Packごとに200円の送料が掛かります
   (1~2Pack 200円、3~4Pack 400円、5~6Pack 600円...)
 3) 神奈川や東京は今まで通り翌日到着ですが、他地域は到着まで中1日かかる場合もあります
   (北海道や九州などは中2日かかり「豆」での発送を強くお勧めします)
 4)送料無料サービスは廃止させて頂きました

新たに導入された「発送ポイント規定」
 1)今までは1発送ごとに1Pでしたが、1袋ごと1Pになりました(倍増)
 2)満点(通常30P、携帯LINE会員20P)で1発送(200円)が無料になります
 3)過去の累積ポイントは金額比率計算により1.5倍にして清算します
 4)HPからの発送注文に限らせて頂きます(電話注文にポイントは加算されません)

来店の方には既に来店ポイントが、より優遇されたレートでご提供されています(ご住所登録だけで加算されます) それぞれのポイント加算は「携帯・LINE登録」によって更に1.5倍になりますので、登録が未だの方は是非ご利用下さい


送料規定変更のお願い の巻 20018.08.24更新


HP全面リニューアル スマホ対応になりました!


スマホ対応リキッドレイアウト化+サイト全体SSL化を行いました
今回は大々的にサイト全体のレイアウトが画面の大きさによって変わるように設定しました どうぞスマホやタブレットでアクセス、 見易さをお確かめ下さい。レイアウトがそれぞれ変わる(液体リッキドのように変化する)はずです
同時にSSL(セキュリティ問題)も、Googleが「サイト全体のセキュリティ認証」を求めています 今後、SSL対応外のページは「危険です」と表示されます そこで当HPも、オーダーページに続きサイト全体をSSL化し 、今回の更新に併せて行い、全ページがセキュリティ対応になりました どうぞ安心してお買い物をお楽しみ下さい


全て手書きのhtmlサイトですから、最新のhtml5+CSS3を一からhtml学び直しで作りました 最近はwordpressというHPのブログ化版も充実していて、丸投げすれば済んだんですが 、セキュリティ問題もあり、手書きにこだわってしました サイトのSSL化はサーバー側の対応が早く、それなら同時に行おうとなりました


夏からの更新作業がやっと実を結びました の巻 20017.12.1更新


スペシャルティ珈琲とは何でしょう

日本スペシャルティ珈琲協会によると「消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、 消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること」とあります

少し前までは「際立った印象の風味の特徴を持っている珈琲」とだけ言われていたと記憶しています そう「定義がはっきりしていない」状態でした  協会の初期段階では、軌道に乗せるため大手企業の援助も必要、顔色を伺いながら全ての珈琲に当てはまるような表現を使っていました  海外の話ですと「深煎りだったらスペシャルティコーヒー」というような極端な例もありました そんな状態から発展しているので、当然日本での広がり方も ひずんでいて、今でも「?」と思うスペシャルティコーヒーが非常に多いのは否めません

現在、日本スペシャルティコーヒー協会で説明されているスペシャルティ珈琲の定義は的を得ています

簡単に自分なりの超要約をすると
 1)際立つ「美味しさ」を持っていることと、それを評価するカップ基準の実際
 2)サステナビリティ(労働環境を含めた環境保全を考え持続性をもっていること)
 3)トレイサビリティ(From seed to cup、全ての過程で品質管理がされていること)

私はよく「基本は美味しいこと」と言いますが、「美味しい」にはスペシャルティ独自の評価過程がありますし、 その評価点は「栽培精製方法の絶え間ない努力」が無いと生まれません スペシャルティ珈琲を名乗るなら、私たち加工販売者 (ロースターアンドリティラー)もカップ技術の向上を避けて通れませんし、必要不可欠です

今では、生豆問屋でも「スペシャルティコーヒー」と「コモデティコーヒー」は明確に分かれて販売しています  それを扱えば「スペシャルティコーヒー取扱い店」になれるわけですが、果たしてそうなんでしょうか

不味いコーヒーばかりが埋め尽くすコーヒー界を救おうと立ちあがった、いえ救ってくれた、スペシャルティ珈琲 その基準と判断方法を含めて、 深く理解して欲しいと思います スペシャルティ珈琲に完全な認証はありません(作れません)ので、 各販売店の扱い方でどうにでもなってしまう「言葉の危うさ」があります



「スペシャルティ」Google検索ファーストページ記念更新 の巻 20017.11.12


スペシャルティ珈琲に環境保全は当たり前です

秋です、さんまの美味しい季節ですね ところが日本近海では著しい不漁が続いているそうです スーパーからすっかり姿を消しています 中国や韓国 による遠海での乱獲が原因ではないかと言われています 公海の魚は誰のものでもないので「先に採るな」とは言えません

魚に限らず、様々な分野で食資源の枯渇が問題になっていると思います 「次世代に残していけるのだろうか」心配になります では、珈琲はどうでしょう? 実は、当店が扱っているスペシャルティ珈琲の世界では、「環境保全は当たり前」なんです 「改めて書くこともないか」と全く話題にもしていませんでした

各国のスペシャルティ珈琲協会ごとに厳しい規格があり、例えばBSCA(ブラジルスペシャルティ協会)などは、森と農園の樹木の割合、精製に使う水の処理方法から、 収穫者の家は土間ではいけないetc、環境保全を超えた労働環境まで見据えた認証基準を取っています

当店では一番廉価な珈琲も認証農園の珈琲です ですから当店では「環境保全」は当たり前のことなんです

厄介なことには表面上違いが分かりません 専門家が見れば「豆の粒の揃い方」「焙煎色の均一性」などで一目で分かる違いも、値段だけを見ていると気付きません 一番の「味の違い」も、不味い珈琲が蔓延する中「なんかすっきりしてる」としか伝わりません 珈琲がお好きなら、珈琲の栽培環境、労働者環境、環境保全など、 周りの環境を含めて考えられているスペシャルティ珈琲を愛飲しましょう 私は収穫する方々の生活環境を見てから、インスタント珈琲やスーパーで廉価販売されて いる豆を見ると「生産者の頭を踏みつけている珈琲」と見るようになりました 不揃いな珈琲豆を見ると生産者の悲鳴が聞こえてきます

スペシャルティ珈琲が導入される前の「珈琲危機」には、決して戻してはいけません


一方、認証コーヒーは別の話です「有機」「フェアトレード」など様々な認証がありますが、これらは分かり易いバッチではあるものの、本当に環境や産地の ためになっているかと考えると疑問です 例えば「有機JAS認証」は、認証に多額のお金がかかります 農園が認証を取っていても販売店が認証を取らないと、 JAS認証珈琲も当店が名乗ることは出来ません また「フェアトレード」としての輸入も疑問です これらの珈琲は総じて美味しくありません 買取価格を味に関係なく 保証してしまうため、作り手がやる気を失っていると思います

そんな認証コーヒーと、ここでの「環境保全」は、別の話ですのでお間違いなく



伝えなくてはいけないこと の巻 20017.11.12 加筆


珈琲オイルの酸敗臭には「サラダ油」が効きます!

当店の珈琲には「金属フィルター」をお勧め(必須)とさせて頂いおります。ですが、このフィルターを間隔をあけて使うと、 残った珈琲オイルが酸敗して臭い(酸敗臭)を発します。酸敗臭とは何ぞやという方は金属フィルターを嗅いで見て下さい。 臭いを感じない方・・・問題ありません、忘れましょう。いえ、毎日同じ器具で淹れている方には問題は起こりません(酸敗する間がありません)。 多種類の器具をお持ちの方、ちょっと間隔空いて飲んでいる方は要注意です。

さて、この問題は長らく私の悩みでした。金属フィルター・ソロフィルター・プレス・AeroPressを数個使い分けていると、 どうしても間隔の空く器具が 出来ます。そして、その臭いを取るのが難しい。一度、珈琲を淹れれば取れるのですが、 最初の1杯は捨てるか我慢して飲むかしかない。 手摘みで完熟豆を摘み取っている農家の方の姿が浮かんでしまって、とても捨てられません、 我慢して飲みます。これを淹れる前に取る方法、 熱湯使ったり、洗剤を色々試しましたがピンときませんでした。

やっと解決しました。この方法には「サラダ油」を使います。手に灯油のような安い潤滑油の臭いが付いてしまい、 それを取るために調べて見つけた方法です。油には油がなじむということなのでしょう、伊藤家に感謝です。

サラダ油の使用手順


この方法で抽出速度も改善します「最近、器具の抽出スピードが落ちて」と言う方にもおすすめします。 サラダ油自体は金属、金属コーティングに問題を起こすとは考えにくいので、重曹やクエン酸使う方法より 良いのではないでしょうか。

前述の通り、同じ器具を毎日使っている人、抽出スピードは遅くなっていない人には関係のない話です。 同時に「そんな香りは気にならない」という方にも大変失礼致しました。同業者に聞いても気にしてない人が殆どでした。 金属フィルター愛好家の98%は気にしないのかなぁ?



気付けば香りアレルギーの人と同じ洗剤を使ってました 2016/01/24-2017/11/24加筆


ページのトップへ戻る