珈琲豆の選び方

当店では「爽やかな珈琲」「香味深い珈琲」「濃厚な珈琲」と分類しています
気になる分類を選び、グレードを考慮してお選び下さい

芯まで火の通らない浅煎り、苦みが支配する深煎り、はしていません
「焙煎度で作る味」ではなく「珈琲豆が持つ味」を生かす焙煎を心がけています

 

一般的な珈琲に比べて高品質の爽やかさ(嫌味の無さ)が前面に出た豆です 当店初めてのお客様にはお勧めしません (「爽やかさ」が「味が薄い」と誤解されがちです) 嫌味がなく、オークション常連農園などレベルの高い農園が並び、 その爽やかさと飽きの来ない奥深さで毎日の珈琲に欠かせないものです

東海岸

ブレンド 何度が登場しているブレンド名ですが、定番の配合はまだありません ブレンド名としては迷走中 今回は、新しく廉価な香味豆を使って、お求め易い値段のブレンドを作りました

焙煎が深いと苦くなります、香味が強い豆は何杯も飲むのに辛くなります、爽やかさは薄さと間違われますが、間違いなく珈琲の美味しさの一つです 廉価でお求め易いブレンドですので、香味の印象度も低いですが、爽やかさや後味の良さはあると思います 毎日の珈琲に欠かせない「爽やかなブレンド」

クリスプ Crisp!

ブレンド 「爽やかさ」は一般的に評価され辛く、この香味まで飲み上がってくるお客様もごく僅かです スペシャルティ珈琲は「透明なキャンバス」が必須条件となりますので、「爽やかさ」が理解されないとスペシャルティ珈琲の説明は難しいです 逆にここまで飲みあがってこられたお客様に嘘は通用しません

発売当初のブレンドから9月に入りまた変更がありました 香味がかなり抑えられ、より爽やかさがたったブレンドになっていると思います 触る香味が無く、終始爽やかで飲み飽きません 珈琲発祥地にして、最近の香味豆達の起源、エチオピアの「爽やかさ」にフォーカスしたブレンドです


グァテマラ・アンティグァ Retana

ストレート グアテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、寒暖差も著しく。最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃っています グァテマラで最初にコーヒー栽培の始まった地域であり、世界の珈琲屋から引く手あまたの珈琲であり、本当のアンティグァはめったに出会わない貴重品です。

そんなアンティグァの地域オークションで優勝した農園をご紹介 正真正銘のアンティグァのブルボン種で単一農園の珈琲  まず、マウスフィールの豊かさとその甘みに驚きます。全体を包み込むそれらが中煎りの珈琲をまるで深煎りかのような厚みに感じさせます。アンティグァ特有の酸の厚み・豊かさもあり、複雑です 口に含んで、広がる芳醇な酸に酔いしれ、アフターに至って長く続く甘みに酔いしれる そんな深みのある珈琲です

 

 

完熟のケニアと良熟のモカが代表の香味の強い豆たちです(なぜか珈琲発祥地とその隣国です) 香りの個性は分かり易いので当店初めての方にもお勧めです 豆袋を開けた時の香りは目がくらむほど(この香りをカップに落とすには金属フィルターが必須) 毎日の珈琲の良きアクセントになります

鎌倉物語


ブレンド 近年の珈琲豆の高騰化により、この価格帯以下で良質の素材のみのブレンド構成は難しくなりました 正直、こちらのブレンドも ベース豆に妥協をしています

開店当初からのブレンド、特徴は「モカの香味とナチュラル豆の深み」 あえて中煎りでも「濃さ」を求める方に向いています 飲みあがって よりクリアさを求める方には「湘南ブレンド」がいいでしょう

エチオピア・シダモ

ストレート 珈琲の発祥地 「モカ」として親しまれてきた珈琲 イルガチェフの良質化に驚き、そればかり扱って来ましたが、エチオピアには「シダモ」もあります 柑橘系の香りが特徴的で、イルガチェフが紅茶のような香味が特徴なら、シダモは柑橘系の果実香が特徴です

昨年の後半、中煎りと深煎りでご紹介したシダモも新バージョンです 昨年あまりに良かったので早くから手配して待っていましたが、残念ながら今年は香りが弱いです 柑橘系の香りを感じますが全面に出て来ません、代わりに値段を上げずにご紹介出来ます 香味が弱くても、爽やかさや甘み、オイリーさ、スペシャルティ珈琲の基本はしっかりしています 「爽やかな珈琲」が好きな人にもお勧め出来る珈琲

湘南ブレンド

ブレンド 当店代表作Cafaブレンドとも言えるもの 香りの豆を多く使った香りの競演ブレンドです 近年さらに品質の向上に取り組み爽やかさも十分感じられる 香りと爽やかさのブレンドになりました 代表作として恥じない品質にするため毎年品質向上が著しいブレンドでもあります

年々、香味豆の調達に苦労し今年は特に苦しい年になりそうです 今年は香味が弱いです とはいえ、価格の中で最善の努力をして「当店代表作」としての名前に恥じないものを目指していきます 今年のブレンドの特徴としては、オイリーで甘み豊かです 中深煎りとは思えない厚みのあるブレンドになりました 美味しさで厚みのある印象です いつもの香味は裏で全体を支え、アフターティストが長く、深い香味の余韻をお楽しみ頂けます

ケニア・ニエリ


ストレート 珈琲発祥地に近く、世界でも稀に見る香り豊かな豆を生み出す地域です  当店では「完熟の香り」と表現し、桃のような熟したフルーツの香りが印象的です  オークション専売も終了し、特定のルートで入手するように変わりました 農園は毎年変わりますが、最高地域のニエリ産を奇跡的に扱えています

毎年取り合いのケニア、今年もニエリ産を扱えました、が、、、「今年の香味は薄いです」 ニエリファンの方には厳しい年になります 優れた豆の取り合いから、昨年素晴らしく香味の良かった農園(昨年は買えず)を二年越しに購入しましたが、頭を殴りつけるような香りの厚みは無いです とはいえ、搬入からだんだん香味の上がってくる豆、いつもの果実香もしっかり顔を覗かせています これからの後半の上がりと年末に発売のAAグレードに望みを持って頂くしかありません より強い香味を求める方には、ブレンドで全体をフォローしている湘南ブレンドをお買い頂くか、後半の出来、年末AAをお待ち下さい


 

 

濃厚さの珈琲には煎りが深いものが集まっています(とはいえ当店では2ハゼピークまで) 煎りを深くしても特徴が消えない個性の強い豆 ・甘みの強い豆が中心です 甘みの深煎りフレンチを中心に、苦味のインドネシア、期間限定で香味系深煎り・高品質系深煎りなどがあります

フレンチロースト

ブレンド 甘み・濃厚さのブレンドです 名産地コスタリカをベースに、「深み」を加えるため、品質の良いナチュラルを加えたブレンドです 湘南同様、毎年ブレンド変更・品質向上に余念の無いブレンドともいえます アイス珈琲やエスプレッソにもお勧め

「ナチュラル」が新豆になったのに伴い、こちらもブレンド豆変更です 値段が上がることご理解下さい 香りが深まり、 より厚みを感じる一昨年のブレンドに戻りました 「えぼしブレンド」に比べ「重量感」や「甘み」が深いブレンドです アイス珈琲やエスプレッソにお勧め 両ブレンドでより「差別化」を図りました、お好みをお選び下さい

えぼしブレンド

ブレンド 対して「苦味に特徴を持たせたブレンド」です インドネシアの良質化により爽やかさが増しました 後味の良い苦みは後をひきます 甘みや厚みを求める方はフレンチを、さらに濃厚な苦味を求める方はマンデリンを御指名下さい

マンデリンの独特の苦みを生かし「苦みの深煎りブレンド」がこちらになります マンデリンのスパイシーは、スペシャルティ関係でも別評価される香味、昔からジャバとして親しまれてきました ストレートで飲み易く後味の良い苦みのブレンドです

ニカラグァ リモンシオン Javanica

ストレート 樹上で赤い実が真っ黒になるまで熟成してから収穫精製するものを「ナチュラル」といいます(当店にサンプルがありますので棚を探して見て下さい) 当店では主にブレンドの脇役として使われて来ました 反面、黒くなること=過熟 ですので、「熟度がいってしまった」悪い香りがします 甘みや厚みが旨く出せればいいですが、悪いものを感じさせない「ナチュラル」は稀有の存在です

インフェルト農園と言えば「パカマラ種」、エスメラルダ農園といえば「ゲイシャ種」そしてリモンシオン農園といえば「ジャバニカ種」です 年間通して「数種」お届けすることをお約束した「ナチュラル」の第二弾 こちらは「過熟香」が強く印象的、「ワイニー」と称される過熟香に酔ってしまいそうです 豆の見た目から「印象的な太く長いジャバニカ種」、当店初めてのご紹介!独特な香味の印象をどうぞお楽しみ下さい

スマトラ・マンデリン

ストレート 今年もインドネシアは素晴らしい豆が手に入りました 一人で感動しています 近年、ドロクサングル農協を溺愛していまが、今年は違う豆を選んだつもりが、同じドロクサングル農協でした この農協の豆には昔イギリス輸入業者のサンプルで一度だけ出会った(かってヨーロッパ専売だった)インドネシアの果実香があります 2年に渡り手配に苦心し、現在定番品になっています

まず「爽やか」です マンデリン特有のウッディな香味がありながら昇華しています 強く感じる果実香が全体をくるみ、これが「ジャバのスパイシーさ」だと教えてくれます 「全体がジャバらしい力強さに包まれながら、後味が素晴らしくクリア」とお伝えすれば良いでしょうか 本年度感動の逸品です

高品質系深煎り

ストレート 当店独特の表現方法 「高品質系深煎り」は「爽やかな珈琲」の深煎りです 濃厚でも飽きのこない嫌味のない香味は毎日飲みたく なる魅力があります 玄人好みかもしれません

香味系深煎り

ストレート 当店独特の表現方法 「香味系深煎り」=「香味深い珈琲」の深煎りです 香りが生きる中煎りがお勧めですが、あえて深く焼く ことで別の香りや深みを引き出しています



ページのトップへ戻る