珈琲豆の選び方

当店では「爽やかな珈琲」「香味深い珈琲」「濃厚な珈琲」と分類しています
気になる分類を選び、グレードを考慮してお選び下さい

芯まで火の通らない浅煎り、苦みが支配する深煎り、はしていません
「焙煎度で作る味」ではなく「珈琲豆が持つ味」を生かす焙煎を心がけています

 

高品質の爽やかさ(嫌味の無さ)が前面に出た豆です 当店初めてのお客様にはお勧めしません (「爽やかさ」が「味が薄い」と誤解されがちです) 「爽やかさ」はオークションで入賞するために 欠かせない要素で、COE常勝農園などで如実に表れます 低価格では実現しません 2020年8月のラインナップ改正でアイテムが絞られました


エチオピア・イルガチャフ EDEDO

ストレート  珈琲の発祥地 「モカ」として親しまれてきた珈琲 当店はイエメンモカは取り扱わず、エチオピアでも独特のフレーバーで名高いイルガチェフ地方を取扱っています 昔は「過熟」の香りでしたが、品質向上の取り組みによりみごとに昇華 「良熟※」の香りになりました こんな豆が「日本」で飲めることになったのは感慨深いです

今年度のイルガチェフがデビューです 穏やかな香りはティーフレーバーと称されるイルガ地域独特のもの ケニアやグジの圧倒される香りとは違い、後をひく余韻が残る香りです また、突出した甘みが珈琲全体を包み、とても印象的です 総合してバランスや余韻を楽しめる「爽やかな珈琲」になっています 今期イルガチェフは期間限定販売

 ※よく「紅茶の香り」と表現しますが、同じ「良質の発酵臭」だと捉えています



 

完熟のケニアと良熟のモカが代表の香味の強い豆たちです(なぜか珈琲発祥地とその隣国です) 香りの個性は分かり易いので当店初めての方にもお勧めです 豆袋を開けた時の香りは目がくらむほど(この香りをカップに落とすには金属フィルターが必須) 毎日の珈琲の良きアクセントになります

東海岸

ブレンド 何度も登場しているブレンド名ですが、定番の配合はまだありません ブレンド名としては迷走中 今回は、新しく廉価な香味豆を使って、お求め易い値段のブレンドを作りました

モカの香味を生かした中煎りブレンドです お買い得な価格を実現するためにベース豆は廉価品を使い、お求め易い値段にしました 香味系の香りの良さは十分感じられるブレンドだと思います

鎌倉物語


ブレンド 長年、低価格の支えのブレンドですが、ついに値上になりました 構成豆の良質化に伴う値上げです 構成豆の半分以上が高価格帯の豆になるため、品質維持のため値上げは避けられませんでした

開店当初からのブレンド、特徴は「モカの香味とナチュラル豆の深み」 深煎りの豆を配合に加えていることもあり、あえて中煎りでも「濃さ」を求める方に向いています 構成が新豆に代わって香りがとても強くなりました よりクリアで強い香味を求める方には「湘南ブレンド」をお勧めします

エチオピア・グジ

ストレート 珈琲の発祥地 「モカ」として親しまれてきた珈琲 全く違う香味に驚き、いつか扱うべく2年以上掛かってやっと手配出来ました 感動した香味がシダモ地区の中でも「グジ産」である共通項に気付き、エチオピア・グジとしてご紹介します 香味豆の情勢を塗り替える新豆 時代はグジです

「全く無かった柑橘系の香味」です 柑橘系というとチェリー系より弱いものが多いですが、こちらはチェリー系を上回る香味 今までのシダモとは香りの強さが全く違い、イルガチャフのティーフレバーとも違います 周りを巻き込む強い柑橘系の香りです 豆粒が小さいですが「Heirlooms」というエチオピア原生種で、グレードは最高位のG1です 香味好きの方に自信を持ってご紹介

湘南ブレンド

ブレンド 当店代表作Cafaブレンドとも言えるもの 香りの豆を多く使った香りの競演ブレンドです 実は、湘南ブレンドは「爽やか系を中心に良質の香味を添えたブレンド」として進化しましたが、昨年より「香味系を中心とした香りの競演ブレンド」に変化しました 自分の中では前者が湘南ブレンドなので、こちらは以前の「春爛漫」ブレンドになっていると思います

エチオピア・グジ発売と共に、湘南ブレンドも「香味系を中心とした香りの競演ブレンド」に戻りました 柑橘系の香りはグジ、ベリー系の香りはニエリという贅沢なブレンドです この配合は酸が立ち気味になりますが、以前この香味系の配合にあった「シブ味」は無くなり、とても飲み易い後味の良い物に変わったと思います

ケニア・ニエリ


ストレート 珈琲発祥地に近く、世界でも稀に見る香り豊かな豆を生み出す地域でした  近年の人気で手配が厳しく、COEと同じように名前が先行して、値段を超える品質の確保が厳しい豆になってきました 農園は毎年変わりますが、最高地域のニエリ産を奇跡的に扱えています

当店では「完熟の香り」と表現し、桃のような熟したフルーツの香りが印象的です 年々香味が弱くなっていますが、ニエリ産のもので、昨年並みの品質は確保しました 以前も好評だったニエリ産キアンバラ農協です 入港してから徐々に香味の熟成が進み、正直年末あたりからが実力を発揮すると思います 完熟の果実の香味が主役の珈琲です



 

濃厚さの珈琲には煎りが深いものが集まっています(とはいえ当店では2ハゼピークまで) 煎りを深くしても特徴が消えない個性の強い豆 ・甘みの強い豆が中心です 甘みの深煎りフレンチを中心に、苦味のインドネシア、期間限定で香味系深煎り・高品質系(爽やか系)深煎りなどがあります

ミナス minus

ブレンドもともとは中煎り系のブレンドに使われていたブレンド名です 2020年8月の改正で深煎りブレンドになりました 名産地ミナスジェライス州の豆を使ったブレンドです

こちらもベース豆に廉価品を使っていますが、それでも品質は一般品と違い良質です ナチュラルの厚みを加えた厚みのある深煎りブラジルブレンドです

えぼしブレンド

ブレンド 「苦みに特徴を持たせたブレンド」です インドネシアの良質化により爽やかさが増しました 後味の良い苦みは後をひきます 甘みを求める方はフレンチを、さらに濃厚な苦味を求める方はマンデリンを御指名下さい

マンデリンのスパイシーは、スペシャルティ関係でも別評価される香味、昔からジャバとして親しまれてきました 近年のスマトラの良質化は著しく、素晴らしい香味がブレンドで廉価に味わえます 2020年6月のベース豆の変更でクリアな苦みと後味が戻りました 廉価で良質の苦みを味わえるブレンドです

フレンチロースト

ブレンド 「深煎り甘みのブレンド」です 深煎りして甘みが際立つ豆をベースに、「深み」を加えるため、品質の良いナチュラルを加えたブレンドです 湘南同様、毎年ブレンド変更・品質向上に余念の無いブレンドともいえます アイス珈琲やエスプレッソにもお勧め

4月新価格でご提供で新豆になります 全く新しい配合で「甘みの深煎りブレンド」を作りました やっと素晴らしいレベルで通年お届け出来る目処が立ちました 構成豆にブルンジを使い「甘み」を実現しました 珈琲の「深み」について当店の新たな回答です 止まらない相場上昇と構成豆の品質向上に伴い「新価格」でのご提供をお許し下さい

深もか

ブレンド 果実香の強い珈琲は、その香りを生かすために深煎りにはしません 焙煎の深さが香りの良さを消すからです ですが、まれに香味が中深煎りとは違った良さを出す時があります 焙煎に負けない豆ということでしょうか 焙煎によって深みを伴った新しい香味の魅力を出して来ます

昨年度の「深もか」とは全く違います、自信を持ってお勧め出来る「強い香味」が一番の特徴の「香味系深煎り」です 香味が強いと強くなりがちな酸も、焙煎によって抑えられ邪魔をせず、深みとして昇華していて奥深い珈琲です 「香味が強い=高価格化」な昨今、この価格でこの香味はありえません 今季の「濃厚さの珈琲」の中核を担う珈琲

スマトラ・マンデリン Pollung Alfiner

ストレート あのドロクサングル農協が帰って来ました 日本では劣悪品ばかりだったインドネシアに、昔イギリス輸入業者のサンプルで一度だけ出会った(かってヨーロッパ専売だった)、インドネシアとは思えない果実香を感じさせてくれます インドネシアとエチオピアは店の珈琲品質が最も出ると思います

スペシャルティでもマンデリンは別評価 「ウッディ」な香味がマンデリンの良さであり、特徴です Gegarangでは弱かったウッディ、Pollung Alfinerは「力強いリントン臭」として、珈琲の中核を担います クリアが劣るとみるか、特徴が出ているとみるかは、飲み手次第です 昨年両方を使い、今年はこちらをメインとして仕入れました 「強いジャバらしい印象的な香味がある珈琲です」



ページのトップへ戻る